形山税理士事務所 / 株式会社形山会計 形山税理士事務所 / 株式会社形山会計

形山会計の理念

経営理念

お客様の経営に対する正しい知識、正しい手法を啓蒙し、繁栄する組織作りのお手伝いをする。我々は、物心両面の幸せを追求し、能力の限界に挑戦します。

経営方針

1経営にはコツがある
上司・先輩のいいところをどんどん真似する。
その場の状況に合わせて、臨機応変に対処する。
250の人生に70の覚悟を持つ
人生に対する十分な覚悟があれば、世の中に大変だと思うことなどなくなる!
3プロになる
自主的に(自分から進んで)仕事をする。
他人のせいにしない仕事のやり方を徹底する。
4人材の構成について
社員割合 1 : 8 : 1
(優秀社員 : 普通社員 : 劣等社員)
を容認し、優秀社員を目指し、努力しよう。
5プロ意識について
社会に出たら、即プロになるという心構え。
意識の無い人は努力してプロになろう!
6プロの養成について
共創原理(助け合いの実践)
成功事例を共有し、良い方法で全員を開発し、全員が100点満点を目指す。
7判断材料
何が正しいかで判断する。
完璧主義の追求により、個性を尊重する。
8責任ある実践
全員が改善改良主義で100点を追求していく。
9果実(利益)の分配
利益を最大化し、各人の取り分も最大化。
大きな果実を取得する。
10夢の実現
全員が各自の希望に応じて可能になる。

CREDO(クレド) ~私たちの信条~

CREDO BASIC ~行動基準~

1. 私たちは、税のプロフェッショナルです。
各自が専門(法人・所得・消費・相続・贈与税)を持ち、新しい・有益な情報(税制改正や判決事例等)を素早くお伝えできるようデータベース化し、共有することによって、お客様が必要以上の税負担に苦しむことがないようにします。
2. 私たちは、お客様にとって最善の選択肢を提供する。
正確な税法、最新の税務情報を把握し、その中でもお客様の実状に即し、厳選した税務・経営情報については資料や年3回以上のセミナーを通じて発信していきます。
3. 選択肢は1つとは限りません。
お客様の『今』を踏まえ、『これから』を聴き、大切にします。ギリギリになって状況を考えるのではなく、『これから』を共有することで、他の会計事所より早く具体的な選択肢を提供できるようになります。
※『今』…現在の状況 ※『これから』…目指す将来像
4. 『これから』を叶える為に…
<法人>
・7つの原則を遵守した監査…会社の『今』を知ることが出来ます。
・決算事前検討会議(9ヶ月決算)…様々な対策を早く講じることができ、税額の予想がつきます。
・40日決算基準(40日で決算を完了)…納税額が早く確定し、資金繰りを考えるゆとりができます。
※7つの原則とは
 ①売掛金の計上 ②棚卸を毎月する ③仮払金を計上しない ④買掛金の計上
 ⑤未払費用の計上 ⑥減価償却費の毎月計上 ⑦各種引当金を設定する
<個人>
・ 相続税概算計算…『今』の財産状況と納税額を早く知ることが出来ます。
  様々な対策を早く講じることが出来ます。
・相続税申告書3ヶ月前仕上げ…納税額が早く確定し、資金繰りを考えるゆとりができます。
5.形山会計のモットーは『即実行』です。
「すぐ取りかかります、必ずやりきります、出来るまでやります」の精神で行動します。
「どうしても〇日までにしてほしい」などの御要望には、社員一丸となって全力で取り組み、解決します。
6.私たちは、お客様第一主義です。
訪問や連絡は、お客様の都合のよい曜日や時間帯に合わせて行います。
「今週は〇曜日しか空いてないんだけど・・・」「今からでも大丈夫?」というお客様の御要望も大切にします。
7.私たちは、お客様と直接お会いすることが最も大切だと考えます。
例えば、電話だと話しづらいことも、お客様の目を見ながらお話していると、「ちょっと聞いてくれる?」「こんなこと聞いてもいいかな?」というお客様の声を頂くことが出来ます。お客様が些細なことでも遠慮なく相談でき、『あなたに頼むほかない』という存在になります。
8.私たちは、明るく元氣にお客様をお迎えします。
事務所に来られた方に対して、全員が起立して「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と大きな声で挨拶し、「またお越しください」「お気をつけて」といった一言を添えるおもてなしを実践します。
9.電話応対では、お客様をお待たせしません。電話は3コール以内に取ります。
担当者不在の際は、電話とメールを上手く活用して担当者に連絡をとり、出先から必ず連絡を入れさせます。すぐに担当者と連絡が取れない場合は、最初の電話応対者が責任を持ってその旨をお客様にお伝えし、できるだけ早く連絡を取れるようにします。
10.私たちは、お客様とお話している時間を大切にします。
話し中に、事務所や、他のお客様から携帯電話へ連絡があっても、その場でとることはしません。どうしても必要があれば、お客様に先に一言お断りをしてから、用件だけを手短に話します。
11.私たちは、毎朝25分間の清掃を丁寧に行い、整理整頓を徹底します。
頭も身の回りもスッキリして心に余裕を持つことで、作業スピードを上げ、常に仕事を追いかける活気に満ちた職場を目指します。
12.朝礼は、社員の連帯感を高め、一日の活力を生み出す場です。
連絡事項はより具体的に行い、お互いの仕事状況を把握します。朝礼後に、全員でスケジュールを調整し、自分がやりとおす仕事・手伝ってもらう仕事を明確にし、ギブ&ギブの精神で協力し合います。
13.『ミーティング』は単なる報告会ではありません。
社員が各自の判断で必要に応じて開催し、お互いの事例を共有し、活発に意見を交換する貴重な時間です。同じ問題で困っているお客様へのアドバイスは、ここから生み出します。
14.会社を伸ばす原動力は、社員のベクトルを大きくし、同じ方向へ向けることです。
個人の能力と人間性を高め、皆の力を合わせることが、お客様の『笑顔』と『ありがとう』の源であると、肝に銘じて努力を積み重ねます。
15.クレドは、形山会計の考える税のプロフェッショナルとしての行動指針です。
全員でこれを共有し、遵守していきます。

「ありがとう」「またお願いね」と嬉しい言葉をいただく為の7アクション「ありがとう」「またお願いね」と嬉しい言葉をいただく為の7アクション