公正証書遺言②

遺言書

こんにちは!形山会計の矢羽田です。

今回は、前回に引き続き、公正証書遺言について話をしたいと思います。

まず、なぜ公正証書遺言が安心安全なのかという話から入っていきます。

公正証書遺言は、公証役場で公証人を前に二人以上の証人の立ち合いのもと行われます。
方法としては、遺言者が遺言内容を口述し公証人がその内容を筆記するといったものです。

つまり、公証人が内容を確認しながら作成するので、遺言が法的に無効になる。といった事はまず起こらないのです。
また、原本は公証役場に保管されるので、第三者による書き換えは不可能です。

しかし、自筆証書遺言のように気軽に行えるものではありませんので、そこは公正証書遺言のデメリットと言えます。

今回はこの辺りで。

 

相続の事でお困りの方がいらっしゃいましたら、是非形山会計にご相談下さい。

  • Pocket
  • LINEで送る

相続に関するお悩み、お任せください!

「相続が発生したが、どうすればいいかわからない」

「遺言を作成したいけれど、作り方がわからない」

そんなときには、相続センター岡山へご相談ください!

お電話:086-244-9111

ファクス:086-244-9110

(母体の会計事務所「株式会社形山会計」に繋がります)

メールで問い合わせる

コメントを残す

*

CAPTCHA